WordPressプラグインのバージョンをダウングレードする方法|WP Rollback の使い方

WordPressに用途に応じた様々な機能を追加できるプラグイン。

とても便利なのですが、不用意にアップデートすると不具合が発生する場合もあります。

そんな時に次のアップデートで不具合が解消されるまで、一旦元のバージョンに戻したい場合がありますよね。

そんな時に便利なプラグイン「WP Rollback」と、その使い方をご紹介します。

【参考】WP Rollbackのページ

注意点

プラグインはWordPressのバージョンや、利用中のテーマとの相性で不具合が出る場合があります。あらかじめWEBサイトのバックアップを取った上で、自己責任でご利用ください。

それでは使い方を説明します。

WP Rollback プラグインのインストール方法

まずはプラグイン WP Rollback をインストールします。

インストール方法は一般的なWordPressと同様で、公式プラグインページで検索してインストール後に有効化するだけです。

プラグインメニューを開く

まずはWordPress管理画面の左側メニューから「プラグイン」を選択。

インストール済みプラグイン一覧ページの上部にある「新規追加」ボタンを押します。

WP Rollback プラグインを検索する

プラグイン追加画面になるので、右側にある検索ボックスに「WP Rollback」と入力します。

WP Rollback プラグインをインストールする

検索で出てきたプラグイン「WP Rollback」の「今すぐインストール」ボタンを押すと、インストールされます。

WP Rollback プラグインを有効化する

インストールが終わると「有効化」ボタンに変わるので、ボタンを押して有効化します。

WP Rollback プラグインの使い方

WP Rollback プラグインを有効化したら、該当するプラグインのダウングレードを実行します。

といっても非常に簡単な操作をするだけです。

インストール済みプラグイン一覧から実行する

再びインストール済みプラグイン一覧を開き、該当するプラグインの項目にある「Rollback」をクリックします。

WP Rollback でバージョンを選択する

WP Rollback の画面が開くので、ダウングレードしたいバージョンを選択します。

ダウングレードを実行する

画面の一番下にある「Rollback」ボタンを押します。

確認して実行する

確認画面がで出るので、再度「Rollback」ボタンを押せば完了です。

いざという時に簡単に元の状態に戻せるのは嬉しいですね。

ちなみにWP Rollbackは常に使うプラグインではありません。使わないときは無効化しておくか、削除しておきましょう。

注意点

プラグインはWordPressのバージョンや、利用中のテーマとの相性で不具合が出る場合があります。あらかじめWEBサイトのバックアップを取った上で、自己責任でご利用ください。

その他の便利なプラグインも紹介しています。

【参考】WordPressプラグインおすすめかたカタログ

PROFILE

HiROE

HiROE

当ブログ「スモールビジネス研究室」を運営。複業フリーランスとしてグラフィックデザイナー、WEBサイト運営などを中心に活動中。