無料から使えるマインドマップソフトXMindがすごい。生産的な思考整理に活用しよう。

マインドマップツールで生産的な思考整理を

NOBU(@nodesignnolife)です。

僕は思考の整理にマインドマップをよく活用しています。

デザインのアイデアを考えたり、WEBサイトのサイトマップを考えたり、企画やブランディング案件のコンセプトワークに使ったりなど。

基本的に頭の中にあることを、どんどんアウトプットして網羅的に整理していくのにとても便利なツールです。

そして、この作業は手書きですることも多いのですが、主にgoogledrive上で動くツールを使っていました。

しかしそのツールが使用できなくなってしまったため、新たなツールを探していました。

そこで見つけたのがXMindです。

そして使ってみたらこれが便利!今までのツールより圧倒的に良かったのでご紹介します。

そもそもマインドマップとは?

マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱した思考や発想法の一つで、頭の中を視覚化していく思考ツールのことです。

トニー・ブザンの著書新版 ザ・マインドマップ(R)が有名で、これがきっかけで日本に普及したのではないでしょうか。

現在は、たくさんの関連書籍が出ています。

やり方は簡単で、中心にテーマとなるキーワードを置き、そこから思い浮かぶキーワードやイメージを放射状に拡げていきます。

それにより、一人ブレスト(ブレーンストーミング)的な感じでアイデアを整理したり、タスクをまとめたりと、活用方法は無限大です。

例えば、下記のような感じでこのブログの記事に書くことを整理したりできます。

XMindの使用例

マインドマップのイメージ(XMindで作成)

この例では、項目が少ないですが、実際はキーワードをどんどん拡げて使うことが多いです。

また、僕はマインドマップが視覚的にとても分かりやすいと思っているので、他人に見せる資料として下記のような使い方をしています。

  • 企画の全体像を伝える企画書のチャートとして活用
  • 打ち合わせ資料にそのまま活用
  • コンセプトを導いた課程の説明に利用(まさに頭の中をそのまま見せる感じ!)
  • 議事録をマインドマップで作成
  • プロジェクトのタスク管理に使用
使い方にルールはなく、アイデア次第ですね!

XMindの概要

Xmind公式サイトトップページ 2017年2月時点

Xmind公式サイトトップページ 2017年2月時点

XMindは香港を拠点にビジネスを展開しているXMind社のアプリケーションで、日本の公式サイトは東京にある株式会社デジカが運営しています。(※公式サイトより)

無料版と有料版があり、無料版でもマインドマップ関係のすべての図表が使えて、クラウドで同期もできます。

アプリケーション自体はダウンロードして端末単位にインストールして使用しますが、データをクラウドで同期できるのでノートパソコンにもインストールしておけば外出先でも利用可能です。

また、少し残念なのは無料版ではPDFファイルに出力することができません。

ただし、JPGやPNGなどの画像形式や、SVGでは出力することができるので、僕の使用用途では特に困る事はありません。

SVGとはスケーラブル・ベクター・グラフィックスの略で、2次元ベクターイメージ用の画像形式の1つです。拡大縮小してもキレイに表示刺されるのがメリットです。
このファイルはデザインの現場で使われている代表的なグラフィックソフト adobe Illustrator で開けるので、実はIllustratorでPDFに落とし込むこともできます。
持っている方は、Xmindの無料版でもPDFへ変換できるのでとても便利ですよ!

有料版では、PDFはもちろん、Word・Excel・PowerPointといったオフィスソフトの形式でも出力できるようです。

他にもたくさんの機能があるので、無料版と有料版の詳しい違いと価格は、公式サイトの販売ページで確認してみてください。

現在iPadやiPhone上で動くバージョンも開発中で、近日公開予定のようです。
より便利になりますね!

ビジネスマンはもちろんブロガーにも最適

マインドマップというツールは、ビジネスはもちろんですが、記事の構成やサイト構成を考えるブロガーやアフィリエイターにもとても便利です。

無料でも必要十分だと思うので、まずはダウンロードして使ってみてください。

WindowsでもMacでも対応しているので、安心して使えます。

無料版でも例えば、下記のようなテープレートやマーカーが使えてとても便利です。

XMindのテンプレート例

XMindのテンプレート例

XMindのマーカー例

XMindのマーカー例

手書きとの大きな違いは、キーワードや項目を後から簡単に移動できるので、作成したマインドマップを再編集することで、さらに思考が整理しやすいことです!

もし今までマインドマップを活用したことがなければ、本当に驚くほど、思考が整理しやすい思考ツールですので、これをきっかけにぜひ活用してみてください。

今日の「人生をデザインして楽しむポイント」

マインドマップで生産的に人生を楽しもう!

マインドマップはとてもオススメなので、ツールと合わせて本を読んで少し理解を深めるともっと良いかもしれませんね!

では、今日も人生をデザインして楽しもう!



マインドマップツールで生産的な思考整理を

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!