VR元年。バーチャルリアリティで人生は楽しくなるのか?メリットとデメリットを考えてみる。

VR元年。バーチャル・リアリティ)バーチャル・リアリティのメリットとデメリットを考えてみる。
今回の写真について:
瀬戸内海の夕方の海。こんな風景は現実に体感するに限るよね!

2016年はVR元年と言われていますね。VRとはVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略で仮想現実のことです。

つまりコンピュータで作られた仮想の空間をまるで現実のように体験する技術のことです。ゴーグルのような装置を装着することで目の前に広がる空間を自由に体感できるのです。

自分が歩けばきちんと映像も変わり、振り向けば後ろを見ることもできます。

以前にジェットコースターを体験するVRを体験している映像を見たことがあるのですが、体験者は本当に怖がっていました。まさにジェットコースターに乗っているのと同じことが体感できるのです。

今後はゲームの応用されたり、江戸時代の街を再現した映像で江戸の街を体験できるようなものもどんどん製品化されて一般の人にも広がっていくようですよ。もう完全に映画の世界ですよね。びっくりです。

さて本当に素晴らしい技術だとは思うのですが、個人的には大きなメリットとともに大きなデメリットもあると考えているので書いておこうと思います。あくまで個人的な見解だとご了解の上、読み進めてもらえればと思います。

VR(バーチャル・リアリティ)の実用化によるメリット

本当にメリットはたくさんあると思います。例えば自宅にいながら旅行ができてしまいます。世界中どこへでも。

もう海外旅行に行くのに長い移動時間はいらないかもしれません。仮装現実とはいえ、体が不自由な方や病気でであることが難しい方などでも旅行ができるのは、とても嬉しいことではないでしょうか。

またバンドやアイドルのライブやコンサートでも大きなメリットがあると考えます。今までは終わったライブはDVDで見ることぐらいしかできませんでしたが、VR(バーチャル・リアリティ)の技術を使えばまさにライブ会場に行って他の観客と一緒にライブを楽しくことが体感できるはずです。

しかもリアルタイムでの配信もできれば、もう会場に行く必要さえないかもしれませんね。

この他にも車や飛行機の運転シミュレーションだったり、それこそ江戸時代にタイムスリップ体験だってできるのではないでしょうか。

CG(コンピュータグラフィックス)やAI(人工知能)と組み合わせたら、もう体感できないことなんかなくなってしまう気がします。

でも、良いことばかりではないような気がします。今度はデメリットについても考えてみようかと思います。

VR(バーチャル・リアリティ)の実用化によるデメリット

今時点でもゲームやインターネットの発達で、現実と区別がつきにくくなったり、現実から逃げてしまったりすることが起きていると思います。

それを考えるとVR(バーチャル・リアリティ)の世界が当たり前になることはとても怖い気がしてなりません。もう現実と仮装現実の区別が付かなくなってしまうのではないでしょうか。

今日自分が体験した出来事が、現実の世界で起きたのか仮装現実の世界で起きたのか。今起こっていることが現実なのか仮装現実なのか。本当に分からない時代になってしまう気がするのです。

例えば世界の絶景をやっと見れた感動とか、そう言ったものが実は仮装現実であったなら何だか寂しい気がするのは僕だけでしょうか。もしかしたら仮装現実だったことにも気づかないかもしれませんが。

あとがき

まだこれからのことなので分からないことではありますが、これから一気にVR(バーチャル・リアリティ)が日常になるのは確実な気がします。メリットの部分は最大限に生かしながら、デメリットを減らすような普及の仕方をして行ってくれたら嬉しいな。

僕は感動はできるだけ、本当の現実世界で体感したいな!

VR元年。バーチャル・リアリティ)バーチャル・リアリティのメリットとデメリットを考えてみる。

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!