「だらける」ことで達成感を作る方法。毎日満足感を持って終わりたいあなたへ。

「だらける」ことで、達成感を得るヒント。

NOBU(@nodesignnolife)です。

先日、友人と飲んでいて「達成感」についての話になりました。

「人はいつどうなるか分からないから、1日1日を満足感を持って終わりたいよね。」という話からの展開です。

年齢は二人ともアラフォー。私も友人も、サラリーマンとしては大企業、中小企業、零細企業を経験しています。転職しまくりですね。(笑)

また、それぞれ病気など色々あって無職の期間もあり、現在は、友人は会社を経営しており、私は個人事業を営んでいます。プライベートでは結婚しており、家庭もあります。

色々な立場で色々な経験をして、悩んだり悔しい思いをしてきた、そんな2人の「達成感」について、今日は書いておこうと思います。

達成感とは何だろう。

達成感を感じる時は?

そもそも、人は達成感をどんな時に感じるのでしょうか。

何に対してで言えば、仕事、趣味、学業など、置かれている立場によるでしょう。その立場の中で、何か「良い結果」が出れば、達成感を味わうことができるということは感覚的にわかります。

一生懸命努力して、資格試験に合格した。とか、長期に渡るプロジェクトが無事終了して大成功だった。などの「結果」からは、とても大きな「達成感」を味わうことができるでしょう。

しかし、「大きな結果」で得られるものだけが達成感なのでしょうか。

そうなのであれば、とても大変で、毎日「達成感」を得るのは難しいと感じます。

達成感をつくるには?

では、達成感を味わうために、できることはないでしょうか。

私は達成感とは、「決めたこと」を「できたこと」だと考えています。つまり、達成感を得るためには「することを決める」必要があるはずです。

「すること」は別に大きな成果である必要はない。達成感を毎日感じるためには、小さな「すること」を意識して作る必要がありそうです。

大きな「達成」を小さな達成に分割するということです。

また「すること」は、仕事や勉強の成果である必要はないはず。極論、「今日は1日、漫画を読んでだらけるぞ!」でも良いです。

だらけても、達成感は作れる!

例えば、大きな仕事が終わった後に「休みを取って、1日家でDVDを見るぞ!」と決めていたとします。

これを実践すると、「よく休んだ、満足だ!」となるはずです。きっと、「時間を無駄にしたなぁ」とは思わないはずです。

それは「すること」を決めて実践したからです。ただ何となく過ぎた時間ではないからです。

もちろん、「すること」を全て娯楽などで埋めてはいけませんが、休息も日時を決めて「すること」にしてしまえば、そこから「達成感」は生み出せる。ということです。

今日の「人生をデザインして楽しむポイント」

意図的に「だらける」を「すること」にして、達成感を作ろう!

大きな仕事や勉強は、小さな「すること」に分割して優先順位を決める。全てはできない。上位2〜3つが1日で達成できたらオーケー!という楽観的な考えが、人生を楽しむポイントです。

では、今日も人生をデザインして楽しもう!

「だらける」ことで、達成感を得るヒント。

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!