副業容認にはリスクも?「お金のために我慢して働く仕事」から、「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にシフトしよう。

楽しいことで誰かに価値を与える仕事にシフトする。

NOBU(@nodesignnolife)です。

仕事だから「つまらなくてもやらなくてはならない」、「生活のためだから仕方ない」という感覚で社会人生活を送ってきた人は多いと思います。

僕もそうでした。

まだ若い頃は、理想の仕事を追い求めて、自分だけのために試行錯誤しつつも、行動しやすいと思います。

しかし、ある程度の年齢になり、結婚したりしていると、どんどん身動きが取れなくなってきます。そして、「仕方ない」という固定観念に取り憑かれてしまい、諦めてしまったり、精神的に病んでしまいますよね。

ただ、そのまま放っておくと、人生を楽しめないまま、毎日をただ過ごしていくしかなくなります。

ですので、人生を楽しむためには「お金のために我慢してする仕事」から、「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にシフトできるように努力する必要があると、僕は考えているわけです。

今日はそんな話をお贈りします。

「業」にならなくても良いので、何か始めてみてみる

僕は、「なんのために生まれてきて、なんのために生きているのか」何て考えてしまうことがあります。

だって、生まれた瞬間から「人生の終わり」に向かって進んでいくわけです。誰でも最終地点は見えているわけです。

でも理由なんて分かりませんし、多分ないのでしょう。であれば、「自分の人生を楽しむ」しかないのです(笑)。

「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にシフトしていくは大変です。特に僕みたいな凡人は。

金持ちでもなく、特に素晴らしい才能もありません。今は独立して個人事業主をしていますが、転職回数も多いですしね(笑)

始めはサラリーマンとして現状維持をしつつで良いと思います。副業から、いや「業」にならなくても良いので、何か始めて行きましょう!

というのが、今日僕が伝えたいことです。

「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にシフトが必要な理由

インターネットの力が、本当にすごい時代になりました。そして、政府も民間企業も副業を容認する方向で、確実に動いています。

何か始めようと思ったら、低リスクで動ける時代になっているのです。

ただ、副業容認というのは、働き方の幅が拡がる一方で、サラリーマンのリスクも逆に増える。と、僕は思っています。

世の中の人が全員フリーランスとして自由に仕事ができるということは、企業は人を正社員として雇用する必要がなくなるということです。

プロジェクトや事業ごとに、必要な人材をチームとして集めてきて経営すれば良いからです。必要に応じて組織改編も容易くて、非常に合理的です。

僕は会社経営はしていませんが、個人事業として働いているので、本当にそう思います。

自分のできないことや、キャパオーバーの仕事は、必要に応じて外注に出します。人件費を固定費ではなく、変動費として扱うのです。

規模も小さいので、毎月給料を払わないといけない「雇用」は、リスクが大きすぎてできません。秘密保持などの契約は、慎重に行う必要はありますが、経営者側の視点に立てば、副業容認はメリットも多いのです。

だからこそ、今の内に何か始めましょう!と伝えたいのです。

そして、毎月給料をもらえるのであれば「お金のために我慢してする仕事」でも、まだ良いかもしれません。しかし、自分が仕事を取らないと、お金にならないのであれば「お金のために我慢してする仕事」は、とても辛いものになることは分かりきっています。

ですのでリスク管理の意味も込めて、「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」を「業」にならなくても良いので始めた方が良い。

それが、僕がこの記事を書いている理由です。

僕が「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にシフトした方法

実際に僕は、サラリーマンをやめる3年前から、インターネット上で情報発信を始めていました。今メインで行っている「デザイナー」の仕事です。(ちなみに僕は、デザイン系学校出身でもなく、基本的に独学でスキルを身につけました。)

始めはドメイン(このサイトで言えば、nodesignnolife.com)をとって放置。少ししてから、レンタルサーバーを借りて、簡単なサイトを作りました。

その後、本当にゆっくりですが、顔出しせずにプロフィールを書いたり、無償でした仕事を実績として掲載したり。ホームページのデザインをいじくったりしていました。

最終的に脱サラして独立する1年前くらいからは、ブログで考え方を発信したりすることで、検索エンジンでも上位表示されるようになってきて、お問い合わせも頂けるようになりました。

そして、現在もホームページ経由でお問い合わせ頂いた仕事で生活しています。

色々あって誰にも開業を伝えずに独立したので、既存クライアントもなく、紹介もありませんでした。

ただ、事前にインターネットで発信していたおかげで、ホームページ経由で仕事が頂けています。営業活動は一切していませんし、代理店経由もありません。全て、インターネット経由のクライアント直案件のみです。

インターネットって、本当にすごいです。地味に自分がやってきたからこそ「お金のために我慢してする仕事」で悩んでいる、僕みたいな人に「できる」と伝えたいのです。

もちろん、僕もまだまだ悩みが多いですが、自分の責任で自分で自由にできるというのは強いです。もっとやりたい、と思いますよ。

ただ、「楽する」というのとは違うことだけ、申し添えておきます。

この記事を届けたい人

僕のように「お金のために我慢してする仕事」に悩んでいる人や、そうでなくても「人生をもっと楽しみたい」という人にこの記事が届けば、とても嬉しく思います。

ちなみに、このブログ「NO DESIGN! NO LIFE!」も、僕がもっと「人生を楽しくする!」ために、「楽しいことで誰かに価値を与える仕事」にするための新しい取り組みです。

大好きな写真撮影(商業写真ではなく)と今までの経験の組み合わせから、価値を生み出すことができたら良いなぁ、と思っています。

愚直にアイデアを出しながら、楽しみながら頑張っていこうと思っています。

きっと、人生を楽しめる

情報発信を始めれば、すぐに効果が出ることはなかなかないですが、きっと少しづつ「人生が楽しく」傾いてくると思います。

大きく稼ぐのは大変なことですが、自分に人生が楽しくなる程度に稼ぐことはできるはずです。そして、幸せを感じることができると思うのです。

楽しいことで誰かに価値を与えるために、まず始めて欲しいこと

まずは考え方を変えることが必要です。とにかく「自分の人生を楽しむ」と意識すること。何か判断・決断する時に「それをすると、人生楽しいか?」と質問することです。

そして、自分の答えに正直に従うことです。

そのためには、周りから「嫌われる勇気」も必要かもしれませんので、こちらの記事「「嫌われる勇気」ドラマ化もされたアドラー心理学から学ぶ人生の楽しみ方と考え方。」も読んでみて頂けたらと思います。

そして少しづつで良いので、インターネットで「情報発信」を始めましょう!

方法はこのブログでも書いていこうと思っていますが、検索すればたくさん出てきます。

楽な情報に惑わされず、自分で試行錯誤することが、始めは大切だと思います。

今日の「人生をデザインして楽しむポイント」

まずは考え方を変える!ゆっくりで良い。発信を始めよう!

劇的な変化は難しいし、心身ともに苦痛を感じます。数年後に劇的に変化していることを目標に、考え悩むだけでなく、ゆっくりと気負わずに行動を始めるべきです。

では、今日も人生をデザインして楽しもう!

楽しいことで誰かに価値を与える仕事にシフトする。

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!