行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。僕がもしもの時に後悔しないために心がけていること。

行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。

NOBU(@nodesignnolife)です。

先日、母親と子どもが歩道に突っ込んできた車に轢かれて亡くなったというニュースを見ました。

そして、いくら自分が注意していても、いつ何があるかは本当に分からない。あらためてそう思いました。

「行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。」

以前から心がけていることですが、あらためて胸に刻もうと思ったのでブログに書いておきます。

ケンカしていても「行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。」

後悔先に立たず。

もし何かあった時、最後に会った時がお互いに不機嫌だったとしたら、これは耐えられない。

ちなみに僕は家で仕事をしていることが多いので、毎朝学校に行く子どもやパートに出る妻を見送ることも多いです。

そこで心がけていることは、何をしていても一度手を止めて、玄関まで行くこと。

そして「行ってらっしゃい。気を付けてね。」と笑顔で伝えることです。

言いたいことや意見を伝えることは大切だから、時にはケンカになったりするのは、それはそれで良いことです。

我慢して何も言えなくなるほど、つまらない関係はありません。大切なほど特に。

でも、難しいかもしれないけれど、できるだけその場で終わらせておきたい。

また、もしケンカをしたままであっても、作り笑いでも良いから「行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。」と心がけています。

ここはプライドを捨てて、自分から笑顔で「行ってらっしゃい」という。大変ですけどね。

笑顔はやっぱり嬉しい。

笑顔はやっぱり嬉しい。
でも後で後悔するなら、小さなプライドはいらないと思っています。

また僕が「行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。」と心がけていても、相手も同じだとは限りません。

基本的に「他人」を変えることはできないので、自分が変わり自分が動くことしかできないのです。

では自分が「もしもの時に後悔したくない」のなら、どうすれば良いのか。

自分が率先して笑顔で「行ってらっしゃい」ということしかできません。

でもきっと、笑顔には笑顔で返してくれます。相手の顔が笑ってなくても、心の中では嬉しいはずです。

だって逆だったら、やっぱり嬉しいですからね。照れて表情では笑えないことも多いですけど。

もしもの時に後悔しないために。

正直に言うと、心がけてはいるものの、僕もなかなか実践しきれてはいません。

子どもには、どうしてもイライラしてしまうことがあります。

パートナーだって違う人間なのでケンカもします。

完全にすべてを分かりあい、思い通りにすることは不可能です。

しかし、冒頭に書いたニュースの話のように、自分も相手もいつ何が起こるかはわかりません。

でも、心がけるだけで安心できることはあります。

もし、この話に少しでも共感する方がいたら、ぜひ心がけるところから始めてみてください。

なんだか、とりとめのない文章になりましたが、自分への戒めも込めて書いてみました。

もしもの時に後悔しないように。

今日の「人生をデザインして楽しむポイント」

行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。

ONE OK ROCK – The Beginning ! は始める!にふさわしい曲。大好きです。

では、今日も人生をデザインして楽しもう!


行ってらっしゃいは必ず笑顔でしよう。

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!