受注型フリーランスからの脱却。ひとりビジネスは発信型商品・サービスを運用すべき。

受注型フリーランスからの脱却を目指す

NOBU(@nodesignnolife)です。

僕は今、フリーランスとして、ブランディングを中心としたグラフィックデザインの仕事を主としています。

クライアントと共に、ブランディングコンセプトの企画からロゴやツールまで一貫して行うので、とてもやりがいがあり楽しい仕事です。

ただ、「ひとりビジネス」として長く続けていくには、色々な意味で限界があると感じています。

それは受注型であることや、完全オーダーメイドという商品・サービスの特徴による要因がとても大きいと感じています。

そしてこの話はデザイナーに限らず、ライターやフォトグラファーといったクリエイター系の職業には当てはまることだと思います。

以下、そんな話題について思う所を書いてみようと思います。

受注型フリーランス(ひとりビジネス)の問題点

デザイナーやライターなどの受注型フリーランスが長期的に疲弊してしまう理由は、大きく分けて、下記の2つがあると思います。

  1. 受注型(受託型)のビジネスである
  2. 完全オーダーメイド的ビジネスである

これら二つに共通するデメリットは、「常にゼロから作り続けなけらばならない」ということです。以下にそれぞれについて、理由を書きますね。

受注型(受託型)のビジネスである

「受注型(受託型)のビジネスである」とは、すなわち「顧客から依頼がなければ仕事がない」ということです。

僕が主としているデザインの仕事でいうと、何か必要な販促物などが生じた際に依頼があり、デザインして納品して終わり。ここで一区切りつくわけです。

そして次の受注を待つのです。もちろん様々な提案を通して、追加でご依頼を頂く流れはよくあります。しかし、それもデザインして納品して一区切りなのです。

つまり、注文を常にゼロから作り続けなければならないのです。そして顧客から依頼がなければ「売るもの」を作ることさえできません。

完全オーダーメイド的ビジネスである

「完全オーダーメイド的ビジネスである」とは、すなわち「製品型ビジネスではない」ということです。

「製品型」であれば、「商品を作る」という行為は一度ですみます。その後はすでにできているものを他の顧客に売ったり、リピート購入を促すというマーケティングを行うことで売上を作ることができます。

しかしデザインのような「完全オーダーメイド」の場合は、注文ごとに常にゼロから作り続ける必要があります。同じ「デザイン制作物」を他の顧客に売ったりすることは基本的にありません。

以上のことを考えると「常にゼロから作り続ける」ということが、大きな問題点だと考えられます。

「常にゼロから作り続ける」ことが問題な理由とその解決策

止まることができないという問題

「常にゼロから作り続ける」ということは、ひたすらに動き続けないといけないということです。要するに「仕組み化できない」ということ。

そして「製品型」の場合は、インターネットや外注を使って「売ること」を仕組み化することが可能です。「売るべき商品」は出来上がっているからです。

しかし、「受注型・完全オーダーメイド」の場合は、その都度「商品作り」を行うために、「売ること」を外注化することができません。正確には外注化することで、たくさん注文が入っても対応することができません。

クリエイティブな仕事は「やりがい」があり、とても楽しいものですが、「仕組み化できない」ということは、ひとりビジネスをやっている本人は止まることができないということです。

これは、「長く続ける」という視点で見ると大問題となります。病気はできないし、休めない。でも疲労により病気などになりやすくなってしまいます。

止まることが可能になる解決策

では、止まることを可能にするためにはどうしたら良いでしょうか。僕は下記の2つを始めることだと思います。

  1. 製品型ビジネスを構築する
  2. 見込み客の集まるプラットフォームづくり

製品型ビジネスを構築する

そもそも、特にクリエイター系のフリーランスは、常に何か作り続けているわけです。

であれば、「常にゼロから作る」のではなく、作った後に何度も売ることができる自分の「製品・サービス」を作るべきだと考えます。

作った後は、売りながら改善をする。そして売りながら次の「製品・サービス」を作る。そのような流れを作る必要があると思います。

そうすれば、何も作っていない時でも売るものはあるのです。うまく販売が外注化・自動化出来れば、その間も売上は上がります。

見込み客の集まるプラットフォームづくり

そして、「製品・サービス」ができた時に「売る場所」ができていれば、スムーズに売ることができます。デザイナーやイラストレーター、写真家などのクリエイターであれば、ファンが集まる場所を作ることが一番だと思います。

例えば、簡単に始めるならばブログやSNSでの発信は、今すぐにでも始めることができます。

そうすれば、作品を載せたカレンダーなどのグッズができたら、そこで発信することができます。ファンが集まっていれば、きっと売ることができるはずです。

短期的には難しいことですが、現在の「受注型・完全オーダーメイド」の仕事を回しながら仕組みを作ることが出来れば、将来的にも長く仕事をし続けることができるはずです。

また、「受注型・完全オーダーメイド」の仕事は、やりたい仕事だけ選んでするというスタイルを作ることもできるかもしれません。

自分のコントロールできるビジネスを作ることが重要

今回の話は「ひとりビジネス」を続けることを前提にしています。

ですので、年齢による労働生産性の低下などを考えると「受注型・完全オーダーメイド」の仕事は、長く続けることが難しいことがわかります。

現在、多くの企業が副業容認を始め、多くの個人が様々な仕事を始める流れになっています。

その状況の中で組織として動くことは、大きなビジネスを考えない場合は理想的ではありません。

だからこそ、自分のコントロールできるビジネスを作ることが重要だと思っています。

受注型フリーランスはビジネスモデルを変革させるべきだ

僕のようなデザイナーや多くのクリエイターなどの、「受注型・完全オーダーメイド」の仕事をするフリーランスの人は、ビジネスモデルを変革させるべきだと思うのです。

現在の「受注型・完全オーダーメイド」をやめるというわけではありません。逆にその仕事をきちんと成立させるために、コントロールできるビジネスという伏線を張るべきです。

そうすることで、きっと人生を楽しみながら、フリーランスとして生きていけると思うのです。

具体的には、例えば一年のうち一か月は受注仕事を止めて、感性を刺激するために海外旅行に行くことができるようになります。

その経験はきっと、その後の仕事にも生きることでしょう。

プラットフォーム作りから始めよう

具体的にどんなビジネスを目指していけば良いのかは、すぐには分からないと思います。

だからまず、情報発信を始めるべきだと思うのです。今のビジネスとは別の実験的なビジネスについて、考えたこととか、勉強したこととか。様々に発信したら良いのです。

ブログをやりたいことの実験室にする。暮らし方も働き方もここから発信すると決めました。という記事でも書いていますが、情報発信を始めることで、プラットフォーム作りを始めることができます。

まずはそこから、スタートするべきだと思います。

実はこのブログは、僕のプラットフォーム作りです。

この記事のように思ったことも書いていますし、「人生をデザインして楽しむ」というコンセプトで、どんどん発信を始めています。

人生をデザインして楽しみたい人たちが記事を読みに来てくれたら良いなぁと思っています。そして、ここを情報発信基地として、何か「人生を楽しむための商品」を展開していこうと動いています。

コンセプトの達成という目的があれば、自分の好きなことや得意分野を手段とした問題解決行う商品を作れば良いと思っています。

まずはプラットフォーム作りからから始めよう!

今日の「人生をデザインして楽しむポイント」

人生を楽しむために、ビジネスをシフトしよう!

受注型フリーランスから脱却して、ひとりビジネスとして発信型商品・サービスの運用を目指しましょう。

では、今日も人生をデザインして楽しもう!

受注型フリーランスからの脱却を目指す

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!