「人生を自分でデザインして楽しむ生き方」のためには、まず覚悟が大切!という話。

覚悟について

僕は人生を自分でデザインしていきたいと思い始めてから、本当にずっと試行錯誤を繰り返しています。本当に進んでは戻り、立ち止まっては進みの繰り返しです。

でもその中でも、色々と確信に変わってきた考え方がいくつか見つかりました。

これからも試行錯誤を繰り返すとは思いますが、現時点で「人生を自分でデザインして楽しむ生き方」を実践するために必要だと思っていこと。

その中でもこれはまず「基本」でしょ!ということについて書いておこうと思います。

これは自分もまだ実践中だけれど、この考え方を持っていれば、少なくとも自分の人生を生きることができる!と確信を持っていることです。

まずはこれ!マインドが大切。覚悟を決める!

それがこれ!なんといっても「覚悟」です。

僕はきちんとしたマインドセット(考え方)を持つことはとても大切だと実感しています。

その中でも「覚悟」は、まずはじめに持つべき重要なマインドセット(考え方)です。

覚悟って何?

「覚悟」ってなんでしょうか。

僕は「自分で責任を持ち、人のせいにしないための意思」としての判断基準だと思っています。

自分の「軸」とでもいうべきでしょうか。

今自分がいる状況というのは、間違いなく自分が選択した結果であり、自分が決めた状況です。

今、どんなに不安があるとしても「そこに留まり、現状を受け入れる」という選択をしているのは自分です。

だからもし「人生を自分でデザインしたい!」と考えるのであれば「自分はこう生きる!」という基準を作る必要があると思っています。

その為には「物事を選択する基準」が必要です。

それこそが「覚悟」だと思っています。

覚悟は一つではない

覚悟は一つではありません。

自分が持っている役割別に複数あると思っています。

例えば次のような感じです。

  • 自分としての覚悟
  • これが一番大切だと思っています。自分自信の望む生き方が分かっていないと全ての覚悟がぶれます。

  • 子どもとしての覚悟
  • 自分の親に対する子どもとしての覚悟です。親から離れて暮らしていたりと、多くの人が課題を抱えている部分だと思います。

  • パートナーとしての覚悟
  • 結婚相手としての覚悟です。「自分としての覚悟」を実現させながら、運命共同体として生きていくために必要な覚悟です。

  • 親としての覚悟
  • こちらも家族として、でも「自分としての覚悟」を実現させながら生きていくために、どんな「判断基準・軸」を持つのかが重要だと思います。

  • 経営者としての覚悟
  • 独立していても、サラリーマンでも構わないのですが、自分でお金を稼ぐという「経営者としての覚悟」は重要です。特にサラリーマンの場合は「人まかせ・会社まかせ」ではいざという時に困るはずです。

他にも、友人としての覚悟、地域社会の一員としての覚悟など、色々とあるとは思います。

しかし、ピックアップした4つの覚悟が全てのベースになると思っています。

自分としての一番小さな、でも密接なコミュニティと、現代社会では必須である「お金を自分で稼ぐ」という部分です。

そして、それらを全て合わせたのが「人生」です。

きちんと「覚悟」を持って生きていきながら、今の自分に合わせて追加したり、修正したりと少しづつ変化させていくものです。

常に自分と向き合って「覚悟」と付き合っていくことが大切だと考えています。

今回は「人生を自分でデザインして楽しむ」ために、一番重要だと思っている「覚悟」について書きました。

意識しながら、実践していきたいと思っています。

覚悟について

シェアして頂けると励みになります!

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

「人生をデザインして楽しむ!」をテーマに、暮らし方・生き方とビジネス・働き方を切り口にブログを更新中。また「人生を楽しくするツールとしての写真」についても書いています。◉グッドデイフォトグラファー(趣味の写真家)◉グラフィックデザイナー(ロゴ&ブランディング)◉ライフスタイル系フォトブロガーとして活動中!